使徒パウロ

使徒パウロ

伝道にかけた生涯 新版

佐竹明著
本体価格:2,500円

サイズ:四六判 280ページ
ISBN:978-4-400-11021-7 発行年月:2008/11/14

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

パウロ研究の第一人者が著した最も信頼できる入門的評伝。
パウロはどのような社会的・精神的な背景の下に生まれ育ったのか、そのユダヤ教からキリスト教への回心の意味とは何か、彼の信仰と思想の特徴、その宣教活動の実態はいかなるものだったのか等について、最高の歴史的厳密性を保った記述。
・1981年に出た同名のNHKブックス版の新版です。本文を読みやすく組み直し、図版を差し替え、新たに聖書個所索引を付しました。

【目次より】
はじめに
序説 パウロの史的背景
ユダヤ教/イエス/エルサレム教会の発足/教会に対する迫害/アンティオキア教会の発足
I パウロを知る手掛り
パウロの手紙/使徒言行録
II 生涯をたどる
絶対年代の決定/相対年代の決定/パウロの略年表
III 回心以前
生い立ち/キリスト教の迫害
IV 回 心
外的事実/パウロ自身の理解――報告の仕方の特徴/律法による生との訣別/キリストとの出会い/イスラエル宗教との連続性/ヘレニズム・ユダヤ人キリスト教との関係/使徒言行録の報告
V 召命・アラビア伝道
回心と召命の重なり合い/アラビア伝道/異邦人伝道/パウロは召命直後の伝道で何を伝えたか
VI 第一回エルサレム上京
「三年」後の上京/?コリント一五・三以下の信仰告白定型/パウロの名前の付加の意味/合意成立は第一回上京時/使徒言行録の報告
VII アンティオキア教会での活動
VIII エルサレム会議
会議の動機/アンティオキア教会の状況/エルサレム教会の状況/パウロの意図/会議の結果/使徒言行録の報告
IX 第一伝道旅行
X アンティオキアの衝突
衝突の経過/ペトロたちの態度/パウロはペトロを非難/衝突の影響
XI 第二伝道旅行
独立の伝道活動への出発/小アジアでの活動/マケドニアへ/コリント滞在/エルサレム上京/第二伝道旅行の特徴/エルサレム上京の意図/パウロは第二伝道旅行で何を伝えたか/律法から自由の福音の問題/テサロニケでの事例
XII 第三伝道旅行
アンティオキアからエフェソへ/エフェソ滞在/エフェソでの入獄/コリント教会との関係悪化/コリント再訪/第三伝道旅行の特徴/献金運動の実際/献金の目的/エルサレム会議の取り決めとの関係
XIII エルサレム上京・最後
エルサレム上京/ローマへ/最後
結語 エルサレムとローマとの間に立つ使徒
聖書個所索引

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る