いのちの歌

いのちの歌

東條耿一作品集

東條耿一
本体価格:2,500円

サイズ:四六判 226ページ
ISBN:978-4-400-62769-2 発行年月:2009/09/04

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

東條耿一(とうじょう・こういち 1912-1942年)は、ハンセン病療養所多磨全生園で生涯を閉じたカトリックの詩人。
その壮絶な人生を通して絶望と希望を見つめながら、すぐれた詩作を行う。作家北條民雄の親友でもあり、その最期を看取った。
本書は、綿密な調査・校訂を踏まえ、解題・年譜を付した、初の作品集である。

日夜 病菌の裡に住まへど
かくいのちの在るは嬉しからずや
貧しき一椀の大根おろしを愛ずるは幸ひならずや
われとて何時の日か
父の御許に帰り行くらん
なべてはそれまでの愛の十字架
ああ忘れえぬ人の世の一事ならずや
さらば喰らはん 餓鬼の如くに喰らはん
大根おろし 大根おろし
 (「一椀の大根おろし」より)

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年08月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る