もみの木

もみの木

アンデルセン著 N. E. バーカート絵 中村妙子訳
本体価格:1,500円

サイズ:A5変 48ページ
ISBN:4-400-62336-X 発行年月:1984/10/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

クリスマスのお話として広く親しまれてきたアンデルセンの古典的な童話が、今、バーカートの繊細華麗な挿画によって鮮やかに甦り、読者に語りかける。

【あらすじ】
森の奥深くに、一本の小さなもみの木が生えていた。
もみの木は、明るい陽光を浴び、鳥のさえずりと花の香りに包まれて、すくすく育っていた。
森に遊びに来た子供たちは、この小さなもみの木が一番かわいいとほめた。でも、もみの木には、そんなことはちっとも嬉しくなかった。
小さなもみの木は、早く大きくなって、素敵で、途方もなく偉大な人生を体験したくて仕方がなかったのだ。それが最高に幸せになることだった......。

[対象]大人から子どもまで。

画家バーカートについて
Nancy Ekholm Burkert は1933年に生まれたアメリカの女流画家で、明るく知的な感覚に裏づけられた幻想的な画風によって知られる。特に挿し絵画家としての仕事は国際的にも高く評価されて数々の賞を受賞し、アメリカの代表的な挿し絵画家としての地位を獲得している。気品に満ちた優れた画風は、わが国でも広く親しまれ、ファンが多い。
代表作に、アンデルセン『ナイチンゲール』、グリム『白雪姫と七人のこびとたち』(邦訳:冨山房)のほか、作品集も刊行されている。

momi_no_ki_tx2.jpg

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る