海と灯台の本

海と灯台の本

マヤコフスキー文/ポクロフスキー絵/松谷さやか訳
本体価格:1,900円

サイズ:A4判 24ページ
ISBN:978-4-400-75002-4 発行年月:2010/08/23

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

子どもたちよ
 灯台のようであれ!
くらやみで  航海できない人たちのために
 明りで  行く手を  照らすのだ!

20世紀ロシアを代表する革命詩人が、悲劇的な自殺をとげる4年前、子どもたちへ、あたかも遺言のようにして託した希望のメッセージ。
1920年代のソビエト絵本の黄金期を代表する傑作が、世界的にも貴重な初版本をもとに、初めての日本語版として実現。
ロシア文学者亀山郁夫氏、絵本研究家・JBBY会長島多代氏が巻末エッセイを寄稿。

亀山郁夫氏の巻末エッセイより
思えば、ウラジーミル・マヤコフスキーほど、20世紀ロシアの歴史が歩んだ矛盾を象徴する名前はない。1930年4月、「灯台」は自殺によってみずから光を消し去り、その60年余の歳月を経た1991年、「理想社会」の歴史は幕を閉じた。しかしこの事実をもってしても、マヤコフスキーがこの絵本に託したメッセージが色あせることはない。なぜなら、献身や自己犠牲の精神こそは、時代や国境を越え、すべての人間が共有すべき、もっとも大切な人間的価値であり、かつまた人間であることのもっとも気高い証だからである。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2017年12月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る