イエスとその目撃者たち

イエスとその目撃者たち

目撃者証言としての福音書

リチャード・ボウカム著/浅野淳博 訳
本体価格:7,600円

サイズ:A5判 656ページ
ISBN:978-4-400-11180-1 C1016 発行年月:2011/04/13

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

史実性の復権へ!

福音書はどこまで史的に信頼できるのか。目撃者の信頼性を、古典から現代の記憶理論までを駆使して吟味し、様式史・編集史批判の方法論的な問題性を剔抉。「目撃者証言」というジャンルから福音書を読むと何が見えてくるのか。ヘンゲルも絶賛した力作であり、興味尽きない福音書解釈を提示した大著。

【目次より
1章 歴史家によるイエスと証言者によるイエス
2章 パピアスと目撃者証言
3章 福音伝承に見られる人名
4章 パレスチナのユダヤ人名
5章 十二弟子
6章 「始めから」の目撃者たち
7章 マルコ福音書に見られるペトロの視点
8章 マルコ福音書受難物語と匿名人物
9章 パピアスが語るマルコ福音書とマタイ福音書
10章 口述伝承のモデル・ケース
11章 イエス伝承の継承
12章 不特定多数による伝承か目撃者証言か
13章 目撃者の記憶
14章 目撃者証言としてのヨハネ福音書
15章 「イエスの愛した弟子」による証言
16章 パピアスとヨハネ福音書
17章 ポリュクラテスとエイレナイオスとヨハネ福音書
18章 証言されたイエス

「非常に興味深い著作だ!......ボウカム氏の説得力ある歴史学的方法と幅広い学識は、現代に広まる様々なイエス幻想を牧師たちや学生たちが克服する助けとなるだろう。」
マルティン・ヘンゲル(テュービンゲン大学)

リチャード・ボウカム氏は、セイント・アンドリュース大学(スコットランド)新約聖書学名誉教授。現在は、ケンブリッジ大学で教える。著書多数。邦訳に、『ヨハネ黙示録の神学』(叢書新約聖書神学)他。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年7月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る