時代のように訪れる朝を待つ

時代のように訪れる朝を待つ

「日韓併合」101年、キリスト者たちの対話

『福音と世界』編集部編
本体価格:1,800円

サイズ:A5判 200ページ
ISBN:978-4-400-21315-4 C1316 発行年月:2011/08/04

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

日韓併合」から101年の両国の関係、両国の教会の関係を、総勢18名のキリスト者たちが振り返り、これからの100年のために熱く対話する。固有名詞の交わりを、再び。韓国版、同時出版。

【目 次】より
現在「日韓併合」をキリスト教的視点からどう見るか(徐正敏
日本からの応答(香山洋人
韓日合邦一〇〇周年に日本のキリスト者に伝えたい(梁賢惠
歴史を知って生まれ変わる――韓国併合一〇〇年を想う(東海林勤
不義不当な条約一〇〇年の遺憾 I (徐震漢
「一九一〇年」――その呼び名(洪伊杓
「一九一〇年」――第三の視線から(洪伊杓
日韓併合一〇一年に生きる日本人キリスト者として(中村敏
東アジアの平和のための韓日キリスト者の課題(李致萬
家族史から見た「日韓併合一〇〇年」(金 纓
日韓両国の未来のためにキリスト者はどう歩むべきか(徐正敏
不義不当な条約一〇〇年の遺憾 II (徐震漢
併合一〇〇年を覚えて――在日を生きる・和解と共生(金秀男
旅は道連れ(猪熊太郎
韓国のキリスト者から日本のキリスト者へ(李致萬
「あいのこ」として日韓でうたう(沢知恵)  
不安と希望のはざまで――日韓併合一〇〇年目を振り返って(許伯基
私は韓国人の真の友となりたい――鄭燦宇君を覚えて(洛雲海
友よ!(金容福
農の視点から日韓「併合」一〇一年目を思う(奥田信夫
柔和なる人が地を継承する(梁賢惠
詩人佐藤清との「再会」(池明観
鼎談 固有名詞の交わりから(徐正敏・李省展・香山洋人

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る