神学入門

神学入門

プロテスタント神学の転換点

J・L・フロマートカ 著/平野清美訳/佐藤 優監訳・解説
本体価格:1,800円

サイズ:四六判変形 268ページ
ISBN:978-4-400-31981-8 C1016 発行年月:2012/03/23

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

チェコの神学者フロマートカによる20世紀神学入門。

佐藤優氏による力作解説付き。
原著は1955年に出版。1948年から1949年度に当時のフス派チェコスロヴァキア・プロテスタント神学部で行われた講義を収録。この講義は神学部学生をはじめとした初学者を対象とし、20世紀の神学潮流への入門および導入を目的としている。1910年代の神学闘争が単なる理論的あるいは学問的な論争ではなく、先行の神学および現代社会全体の深い危機から育ったものであるという認識に立って叙述され、フロマートカの神学を理解するのみならず、弁証法神学、危機神学について知る絶好の入門書。

【目次より】
はじめに
前書き
1.序 文
2.勉強の仕方
3.方向性
4.自由主義神学の基本路線(1799年?1914年の期間)
5.自由主義神学の枠内における内面的矛盾
6.転換の外的前提
7.19世紀の弁証法神学の前任者達
8.まとめ
9.転換点
10.危機神学
11.新しい神学における初期の欠点と継続的な問題点
12.一九二一年以降のバルトの道の概要


PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年2月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る