新約聖書の「本文」とは何か

新約聖書の「本文」とは何か

エーバハルト・ギューティング 著/前川 裕 訳
本体価格:3,500円

サイズ:A5判 136ページ
ISBN:978-4-400-11026-2 C1016 発行年月:2012/08/10

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

本文学への魅力的な手引き
新約聖書に「原書」はない――
現存するのはパピルスや羊皮紙などに書き写された様々な「写本」のみ。しかもそれぞれの写本はところどころで異なるテクスト(異読)を提供する。その異読の中から「元来の」本文を再構成する試みが本文批評。つまり、聖書の「本文」自体がすでに解釈の結果なのである。
そのダイナミックな「本文」の性質、そしてその研究方法の未解決の問題、本文校訂に携わる者への提案など、見過ごされがちなテーマを正面から、かつコンパクトに扱ったのが本書。聖書を真剣に解釈しようとする者は避けて通れない問題提起。

【目次より】
■新約聖書の本文をどう定めるか
 本文批評への手引き
■本文校訂者の責務
 本文構成および異読資料欄への注
■新約聖書は誰が書写したか
 著者・写字生・改訂者
■新約聖書本文の問題
 未解決の方法論

【著者について】
エーバハルト・ギューティング(Eberhard Güting)
1934年生。ミュンスター大学にて神学博士号、オスナリュック大学にて編集科学博士号を取得。ミュンスター大学、エアランゲン大学等にて研究。国際新約聖書学会会員。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る