キリスト教会と天皇制

キリスト教会と天皇制

歴史家の視点から考える 【新教新書272】

土肥昭夫
本体価格:1,700円

サイズ:新書判 260ページ
ISBN:978-4-400-21319-2 C1216 発行年月:2012/10/22

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

天皇制とは教会にとって何だったのか。
何であり続けているのか。
歴史から問い直す。
本書には、講演・エッセイや、靖国・天皇制問題情報センターの通信に50回以上連載して多くの愛読者を得た巻頭言を一書にまとめる。明治以来のプロテスタント教会の天皇制に対する姿勢を総展望。代替わり等に直面する教会の課題についても平易な言葉で深く考えさせる。

【目次より】
第I 歴史への責任
 天皇制を考える
 天皇制とキリスト教
 天皇の代替わりのとき、どうする?
 戦前・戦中のプロテスタント・キリスト教の歩み
第II部 歴史の証言
 (55篇のエッセイ)

【著者について】
どひ・あきお氏(1927―2008)は同志社大教授として教会史研究をリードした。『内村鑑三』『日本プロテスタント・キリスト教史』『日本プロテスタント・キリスト教史論』『歴史の証言』『思想の杜』『各個教会史をどう書くか』『天皇とキリスト』ほか著書多数。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年6月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る