イエス入門

イエス入門

リチャード・ボウカム著 / 山口希生・横田法路訳
本体価格:1,900円

サイズ:四六判変型 200ページ
ISBN:978-4-400-52071-9 C1016 発行年月:2013/06/14

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

もう一度、福音書を信頼してイエスを描く──。

近代以降の新約聖書学に重要な異議と代案を提起した『イエスとその目撃者たち』の著者が、初学者向けに書き下ろしたイエス入門。学問的にイエスを学びたい人にも、教会での学びにも格好の書。オックスフォード大学出版局刊の定評あるVery Short Introduction シリーズの一冊。

【目次より】
日本の読者へ
まえがき
第1 章 イエス――世界のアイコン
第2 章 資 料
第3 章 一世紀の文脈から見たイエス
第4 章 神の王国をもたらす
第5 章 神の王国を教える
第6 章 イエスとは何者か
第7 章 死、そして新たな始まり
第8 章 キリスト教信仰の中のイエス

著者は6月中旬に来日予定。詳細は別ページにて。

【著者について】
リチャード・ボウカム(Richard Bauckham)
新約聖書学者、神学者。セント・アンドリュース大学(スコットランド)名誉教授。現在はケンブリッジ大学で研究と講義を続ける。
邦訳に、『イエスとその目撃者たち 目撃者証言としての福音書』(新教出版社、2011 年)、『ヨハネ黙示録の神学』(叢書新約聖書神学15、新教出版社、2001 年)。

bauckham.jpg

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2017年12月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る