ローマ書

ローマ書

1922年版 【オンデマンド・ブック】

K.バルト著 吉村善夫訳
本体価格:7,900円

サイズ:A5判 662ページ
ISBN:978-4-400-10215-1 C3316 発行年月:オンデマンド版2013/06/28(原本初版1967/10/15)

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

【オンデマンド・ブック】

20世紀神学の開始を告げたあまりにも有名なローマ書講解。その第2版の全訳。屈曲した原文に漲るすさまじい緊張を見事に伝える吉村訳も声価高い。

「私は自分がすべてを満足に解明したとは夢にも思わないけれども、私の仮定を改めなければならないような理由は一つも発見しなかった。とにかくパウロは神について、普通われわれの知らないこと、しかしまた大いに知りうるはずのことを、何か知っている。パウロがそれを知っているということを私が知っているということ、それが私の「思想方式」であり、私の「独断的仮説」であり、私の「アレクサンドリヤ主義」であり、また人々がいろいろ勝手に名前をつけているところのものである。私はこの方法が歴史的-批評的な面から見ても比較的最善のものであることを知った。けだし近代のパウロ像は、私やその他二、三の人々にとって、もはや歴史的にも全く信をおきがたいものであるから。」(第二版序言より)

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る