お父さんの手紙

お父さんの手紙

つのぶえ文庫

イレーネ・ディーシェ著/赤坂桃子訳
本体価格:1,000円

サイズ:小B6 126ページ
ISBN: 978-4-400-77002-2 C8397 発行年月:2014/01/22

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

困難な時代を生きた少年と父と祖父の物語
ドイツ児童文学賞受賞

お話
 ペーターはお母さんを亡くし、外交官をしている大好きなお父さんとベルリンで二人暮らし。お父さんは無鉄砲で陽気な男やもめ。折しもナチが政権をとり、ユダヤ人が焼き討ちにあう事件も発生、不穏な空気になったので、ペーターはハンガリーのおじいさんの家に帰ることになった。お父さんと別れるのはさびしいけれど、毎週とどく手紙をおじいさんに読んでもらうのが何よりの楽しみ。一人暮らしになってお父さんはますます無鉄砲に飛び回っているらしい。
ところがある日を境に、おじいさんしか読めなかった汚い字の手紙が、タイプライターの手紙に変わった。ペーターはもう、おじいさんに頼まなくても自分で読めるようになったのだが......。

戦争と平和、家族の愛といたわりを考えさせる、味わい深い作品です。
■小学5年生以上

著者イレーネ・ディーシェ(Irene Dische)は1951年、ニューヨーク生まれ。祖父はユダヤ系のハンガリー人、父の代にアメリカに移住。ハーバード大学で人類学と文学を学んだ後、アメリカとドイツでジャーナリスト、作家として活躍。現在はベルリンに在住。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年6月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る