人間への途上にある福音

人間への途上にある福音

キリスト教信仰論

J. L. フロマートカ著/平野清美訳/佐藤優監訳
本体価格:3,500円

サイズ:四六判 370ページ
ISBN:978-4-400-31983-2 C1016 発行年月:2014/07/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

佐藤優氏が「この本が私の人生を定めた」と語る名著。
世界の中で積極的に奉仕の務めを負う強烈な召命信仰
20世紀の激動期にナチズムとマルクス主義の狭間を生き抜いたチェコの神学者が、ただひとつ書き遺した〈キリスト教信仰論〉。著者のいわば教義学的主著である。
現代においてキリスト教信仰とは何であるかを、聖書と宗教改革者に依りながら、骨太に、平易に、解き明かす。鬼才佐藤優氏が傾倒するフロマートカの主著がここに初めて翻訳される。

【目次より】
第1章 人間への途上にある言葉
 1 奉仕への召命
 2 わたしには、賢い者にも無知な者にも果たすべき責任がある
 3 生ける真理と正しい現実を告知するための召命
 4 神の言葉
 5 教師と牧師
 6 聖書、シナゴーグ、そして教会
 7 聖書の基本テーマ
第2章 人間の上にある言葉
 8 秘密に隠れた神の英知(三位一体の神)
 9 世界の創造という喜ばしい使信
 10 悪はどこから来るのか(Unde malum?)
第3章 言葉は肉体となった
 11 ナザレのイエス――肉体となった神
 12 ヨシュア――主は解放する
 13 律法を満たす者
 14 和解者
 15 至高の権威
第4章 人間への途上にある教会
 16 新約の民としての教会
 17 教会の機能 
 18 教会と世界
 19 信仰の人生と人間への道
第5章 希望を持って待つこと
 終わりに(まえがきのかわりに)

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年08月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る