人生の意味と神

人生の意味と神

信仰をめぐる対話

ヴィクトール・フランクル/ピンハス・ラピーデ著、芝田豊彦/広岡義之訳
本体価格:2,400円

サイズ:四六判 192ページ
ISBN:978-4-400-31072-3 C1016 発行年月:2014/08/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

ナチの絶滅収容所を生き延び、ロゴセラピー(実存分析)を提唱した精神科医と、
ユダヤ教の立場に立つ神学者の対話。

フランクルは特定の宗教に立つことを明言しないが、人間の根源的宗教性を深く尊重した思想家であり、対してラピーデは明確にユダヤ教の立場に立つ。この二人が、人生の意味探求にとって「神」とは何か、聖書をどう読むかをめぐり、真摯な対話を行う。

この長い対話は、ラピーデが、ユダヤ教ラビであるレオ・ベックに由来する祈りを朗読し、フランクルが、「アーメン」と声をあわせて終わった。
「悪意ある人たちに平安がありますように。すべての復讐が終わり、刑罰と懲罰について語られることがすべて終わりますように。......そしてすべてが過ぎ去ったとき、わたしたちがふたたび人間として人間のもとに生きることが許されますように。」

関連の既刊書:

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年07月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る