21世紀の信と知のために

21世紀の信と知のために

キリスト教大学の学問論

西谷幸介・茂 牧人編
本体価格:5,000円

サイズ:A5判 380ページ
ISBN:978-4-400-31077-8 C1016 発行年月:2015/02/26

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

建学の精神にキリスト教を掲げる大学は、学問研究と信仰、教育活動と伝道とを、どのように位置づけるべきなのか。
青山学院総合研究所が4年間にわたるプロジェクトとして行った共同研究の成果。

【目次より】
第一部 神学の学問論/知のあり方
 第一章 学問論の文脈における青山学院大学教育方針の意義 ◆ 西谷幸介
 第二章 知と超越――理性の真実の復権を目指して ◆ 清水正
 第三章 共同体形成としての学問 ◆ 小柳敦史
第二部 哲学の学問論/知のあり方
 第四章 一八〇〇年前後のドイツ大学論・学問体系論 ◆ 中井章子
 第五章 現象学の学問論 ◆ 茂牧人
 第六章 解釈学の学問論 ◆ 茂牧人
第三部 社会倫理と学問論/知のあり方
 第七章 キリスト教神学と社会科学 ◆ 東方敬信
 第八章 社会的証しのキリスト教倫理(社会起業家の時代に) ◆ 東方敬信
第四部 キリスト教大学における教育の諸問題
 第九章 日米女子高等教育におけるリベラル・エデュケーション――その発祥と展開 ◆ 大森秀子
 第一〇章 聖書学から見た大学の知――授業評価と知の伝え方 ◆ 塩谷直也
 第一一章 大学における道徳教育と宗教との関係について ◆ 濱崎雅孝
 第一二章 宗教としてのキリスト教 ◆ 西谷幸介

 付・青山学院大学教育方針

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年07月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る