今、なにをなすべきか

今、なにをなすべきか

隅谷三喜男に学ぶ

姜尚中・和田春樹・加山久夫 著/隅谷三喜男先生召天10周年記念講演会実行委員会編
本体価格:1,000円

サイズ:A5判 80ページ
ISBN:978-4-400-40736-2 C1016 発行年月:2015/05/20

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

労働経済学およびアジア経済研究で大きな業績を残した社会科学者、東アジアの隣人たちからも深い信頼を寄せられた大学人・教育者、さらに成田空港問題の解決のために調停役を務め、何より篤実なキリスト者として戦後の教会の「体質改善」に献身した隅谷三喜男(1916-2003)。

日本がアジアの中で孤立と反動化を深めつつある今、隅谷没後10年を覚え、その志を継ごうとする姜尚中氏が「今、なにをなすべきか」を熱く語り、隅谷を慕う和田春樹・加山久夫両氏が応答する。

2014年の憲法記念日に語られた講演・シンポの記録。

姜尚中.jpgのサムネール画像 
隅谷先生(マイク・笑顔).jpgのサムネール画像

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年6月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る