ヨハネの黙示録

ヨハネの黙示録

私訳と解説

宮平望著
本体価格:2,300円

サイズ:A5判 308ページ
ISBN:978-4-400-11902-9 C1016 発行年月:2015/08/20

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

ヨハネの黙示録を、終末における天地再創造の約束を鍵として読み解く。
不完全であった天地万物は、神の恵みによって刷新され、完全へと導かれ、神を賛美する礼拝共同体となることを、ヨハネは様々な表現を用いて描き出そうとする。

2006年、マタイによる福音書から始まった本注解シリーズは、9年の歳月をかけてついに全12冊が完結した。
このシリーズは、聖書学の研究成果を十分に踏まえ、私訳を提示した上で、聖書の内的証言を最優先し、新旧約聖書の他の個所との関連に目配りしながら、丁寧な解説を施す。
1節ごとにメッセージ豊かな釈義を読める逐条的コメンタリーをめざしてきた本シリーズは、信徒の聖書研究の座右の書として、高い評価を得ている。

既刊

著者:宮 平 望(みやひら・のぞむ)は1966年生まれ。同志社大学、ハーバード大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学などで学ぶ。現在、西南学院大学国際文化学部教授、神学博士。 著書には、『神の和の神学へ向けて』、『責任を取り、意味を与える神』、『苦難を担い、救いへ導く神』、『戦争を鎮め、平和を築く神』、『現代アメリカ神学思想』、『神の和の神学入門』、新約注解「私訳と解説」シリーズ、『ゴスペルエッセンス』、『ゴスペルフォーラム』などがある。詳しくは、宮平望のホームルームを参照。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年4月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る