近代化への挑戦

近代化への挑戦

ベイルートのアメリカン大学と京都の同志社

アレクサンドラ・M・コビルスキ著/北垣宗治訳
本体価格:2,800円

サイズ:A5判 280ページ
ISBN:978-4-400-22661-1 C1016 発行年月:2015/09/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

グローバルな視点から見直す同志社成立史
アラブと極東のこの2つの大学は共に、19世紀後半、アメリカン・ボードの支援を受けて建学された。両大学の設立経緯を丁寧に追跡し、近代的高等教育をめざしたアメリカ人宣教師、アラブ知識人、そして日本の教育者たちのそれぞれの思想を検討しながら浮かび上がる共通性と差異。画期的な視点からなされた比較研究。

【目次から】
序 章 歴史は国の枠を越えて進む
第1章 ボストンからベイルートへ
第2章 ベイルートから京都へ
第3章 ベイルートと京都のキリスト教カレッジ建築
第4章 知的空間
第5章 危機が再定義を迫る
終 章 宣教の新しい定義

著者コビルスキ(Aleksandra Majstorac Kobiljski)はセルビア出身の歴史家で、2010年にニューヨーク市立大学にこの博士論文を提出して Ph. D. の学位を得た。英語、フランス語、日本語、アラビア語に堪能で、現在パリに在住。二児の母親でもある。奨学金を得て同志社大学にも留学し、法学研究科の伊藤彌彦教授の指導を受けたほか、神学部の本井康博教授のクラスでも学んだ。現在、フランス国立社会科学高等研究院日本研究所の准研究員で、この論文により、同志社総長から第172回新島襄生誕記念会で新島研究論文賞を受けた。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る