翼をもつ言葉

翼をもつ言葉

説教をめぐるバルトとの対話

ウィリアム・ウィリモン著/宇野元訳
本体価格:5,500円

サイズ:A5判 460ページ
ISBN:978-4-400-32100-2 C1016 発行年月:2015/09/24

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

説教者として生きることをバルトから学ぶ
本書は、北米を代表する実践神学者・説教者ウィリモンが、現代の牧師にとって説教者として生きることがいかにして可能となるかを、バルトの説教および説教論と正面から取り組み、時にはバルトを批判しながら、徹底的に考察した大著である。著者は、自らが牧師としていかに多くをバルトに負っているかを感謝と共に告白する。そして、従来、組織神学者としてのみ論じられ、ほとんど光を当てられてこなかった説教者としてのバルトから、深く学ぼうとするのである。

著者:ウィリアム・ウィリモン(William Henry Willimon)
 1946年ノースカロライナに生まれる。エモリー大学で博士号取得。合同メソジスト教会の北アラバマ年会監督、またデューク大学神学部教授。アメリカで最も著名な実践神学者の一人である。邦訳のある著書:『礼拝論入門』、『言葉と水とワインとパン』、『牧会としての礼拝』、『牧師』(いずれも新教出版社)、『介入する神の言葉』、『異質な言葉の世界』、『教会を必要としない人への福音』(いずれも日本基督教団出版局)など。
Willimon_1280x720.jpg

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年08月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る