旧約聖書入門2

旧約聖書入門2

現代に語りかける父祖たちの物語

大野惠正
本体価格:1,900円

サイズ:小B6 368ページ
ISBN:978-4-400-12787-1  C1016 発行年月:2015/11/19

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

聖書を分かりやすく、かつ格調高く語ることに定評ある著者が、研究者、教師、そして牧師として旧約聖書から受け取ってきた豊かなメッセージの核心を、現代人に取り次ぐ。
今後、旧約聖書入門の定番となるシリーズ。
この巻では、アブラハムからヨセフに到る族長たちの物語(創世記)を取り上げる。

【目次より】
1 「祝福の源となる」――アブラハムとサラの出発
2 信ずる者の煩悶と義認
3 シュルの荒野のハガル
4 アブラハム、九一九歳のとき
5 アブラハムとの契約
6 もてなすアブラハム
7 アブラハムの執り成しとソドムの滅亡
8 イサク誕生――笑いは交わりを喜びで包む
9 荒れ野を行くハガルとイシュマエル
10 アブラハムのイサク献供
11 ヤコブとエサウの物語の構成
12 エサウを騙すヤコブ
13 逃亡の旅路で
14 泣き、騙されるヤコブ
15 故郷への帰還
16 ヨセフとその兄弟たちの物語の構成
17 有頂天の境涯から奴隷状態へ
18 ユダとタマル
19 エジプトでのヨセフの奴隷生活
20 兄弟たちとの対面と和解
21 ヨセフ物語と父祖の物語の結び
22 ヤコブの祝福
23 ヤコブの死と埋葬、ヨセフの死と墓

【著者について】
おおの・よしまさ氏は1939年、東京に生まれる。1967年、東京神学大学大学院修了(旧約聖書学)。新共同訳聖書の翻訳に関わる。活水女子大学名誉教授。著書:『聖書と音楽』、『新共同訳聖書注解』(共著)、『旧約聖書入門1』ほか。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る