近代世界の成立にとってのプロテスタンティズムの意義

近代世界の成立にとってのプロテスタンティズムの意義

エルンスト・トレルチ著/深井智朗訳
本体価格:2,600円

サイズ:四六判 252ページ
ISBN:978-4-400-22124-1 C1016 発行年月:2015/12/08

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

歴史的な講演の新訳
ルターの宗教改革と近代世界とを安易に直結させる20 世紀初頭のナショナルな解釈に抗し、プロテスタンティズムが近代科学やデモクラシー、資本主義などといかなる関係にあるかを冷静に論じ、その歴史的因果連関を明らかにした名講演。巻末に訳者による綿密な解説。この講演は、本来ウェーバーが行う予定だったが、事情によりトレルチが急遽代役を務め、1906年にシュトゥットガルトで語られたもの。

*初版(1906 年)と第2 版(1911 年)との異同を詳細に表記する。

【著者】 エルンスト・トレルチ(Ernst Treoltsch, 1865-1923)
ドイツの神学者。ボン大学、ハイデルベルク大学神学部、ベルリン大学哲学部で教授を務め、また1919 年から21 年ま
でプロイセン文部省で教育と教会制度についての次官を務めた。その著作や遺稿は1998 年から刊行が開始された新しい
校訂版全集に収録されている。

【訳者】 深井智朗(ふかい・ともあき)
1964 年生まれ。アウクスブルク大学哲学・社会学部博士課程修了、同大学より哲学博士号、また京都大学より文学博士号を取得。現在、金城学院大学人間科学部教授。著書『超越と認識』『十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム』『思想としての編集者』『ヴァイマールの聖なる政治的精神』『神学の起源』など。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る