インクルーシブ神学への道

インクルーシブ神学への道

開かれた教会のために

鈴木文治
本体価格:2,000円

サイズ:四六判 217ページ
ISBN:978-4-400-32454-6 C1016 発行年月:2016/01/29

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

障害児教育に長年携わり、インクルージョン思想と出会い、
教師として、また牧師として、その実現に取り組んできた著者が綴る、
教会を開かれた場とするための、実践と思想。

「インクルージョンとは、どのような違いであれ、それを理由として排除するのではなく、お互いが受け入れ合い支え合って生きる共生の理念である。」

【目次より】
序 章
第一部 インクルーシブ神学への道
第1章 哲学から神学へ
第2章 インクルージョンとの出会い
第3章 インクルーシブ神学
第二部 苦難の中の人間
第4章 苦難を生きる
第5章 神義論
エピローグ 苦悩の叫びへの神の応答

【著者について】
鈴木文治(すずき・ふみはる)
1948年長野県生まれ。中央大学法学部法律学科、立教大学文学部キリスト教学科卒業。川崎市立中学校教諭、神奈川県立第二教育センター、神奈川県教育委員会、県立平塚盲学校長、県立麻生養護学校長などを経て、田園調布学園大学教授。日本基督教団桜本教会伝道師。著書に『ホームレス障害者』、『閉め出さない学校』(日本評論社)、『学校は変わる』(青木書店)、『インクルージョンをめざす教育』、『排除する学校』(明石書店)など。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年08月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る