信じることをためらっている人へ

信じることをためらっている人へ

キリスト教「超」入門

岡野昌雄著
本体価格:1,200円

サイズ:B6判 160ページ
ISBN:978-4-400-52728-2 C1016 発行年月:2016/05/17

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

「右の頬を打たれたら左の頬を出さなくちゃいけないの?」「奇跡なんて本当に信じてるの?」「復活ってなに?」「信じたらなにかいいことがあるの?」

キリスト教にまつわる素朴な疑問にやさしく答えます

聖書に描かれる意外なイエスの姿からキリスト教用語の解説まで、クスッと笑いながら深くうなずかされる、楽しくやさしいキリスト教「超」入門書。

【目次より】
第1章 イエス様、それは理不尽すぎませんか?
 空腹のあまり、イチジクの木を呪って枯らす
 豚を集団自殺させる
 動物を鞭でたたき出し、市場をめちゃくちゃにする
 「わたしは、平和ではなく剣をもたらすためにきた」
 弟子に「おまえなんか生まれてこなければよかった
 理不尽なイエス像がもたらすもの
第2章 言葉が招く、聖書への大いなる誤解
 罪は悪ではない
 教会は建物でも組織でもない
 祈りは願いではない
 真実は事実ではない
第3章 「信じる」という感覚
 信じるのはなぜか 
 信じたら何かいいことがあるのか
 「復活」はなぜ重要なのか
 世界にはなぜ残酷なことがあふれているのか
 神とは何か

【著者について】
岡野昌雄(おかの・まさお)
1939年東京生まれ。
国際基督教大学卒。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。専門は西洋古代中世(ギリシア、ラテン)の哲学。1968年から国際基督教大学に勤務、現在同大学名誉教授。2003年から2011年までフェリス女学院の学院長を務める。
日本基督教団国立教会員。
著書に『アウグスティヌス「告白」の哲学』(創文社)他。アウグスティヌスの著作のラテン語からの日本語訳なども手がける。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年08月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る