ソクラテスの死とキリストの死

ソクラテスの死とキリストの死

日本における講演と説教

ベルトールト・クラッパート著/武田武長編
本体価格:3,200円

サイズ:四六判 330ページ
ISBN:978-4-400-32408-9 C1016 発行年月:2016/09/16

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

西欧精神を深く刻印してきた二人の刑死者。
両者の相似と相違は何か。著者はここにもう一人――ボンヘッファーを導入し、キリスト教的実存の何たるかを鮮やかに浮かび上がらせる。
また、死者の魂は眠っているか目覚めているかをカルヴァンとバルトに即して論じ、神学的死生観を倫理に接続した論考、さらに、アブラハムという信仰者像を媒介としてユダヤ教、キリスト教、イスラームの三者間対話を極限まで追求した論考など、現代において「バルト ― ボンへファーの線」を展開してきた著者が2度の来日時に語った、神学の醍醐味と喜びを味わわせてくれる8編。

【目次より】
1 ソクラテスの死とキリストの死
2 カルヴァン神学のアクチュアリティ
   ――死後もキリストの交わりの中で「霊 ― 魂」が目覚めていること
3 カルヴァンと旧約聖書
   ――今日の我々にとってのカルヴァン神学の意味
4 イスラエルの神の「御名」の解釈としての三位一体
5 アブラハムは一つにし、かつ区別する
   ――ユダヤ教・キリスト教・イスラームの三者間対話の基礎づけと展望
6 イエスが受けたメシア的霊の洗礼
   ――メシア・イエスは第一聖書〔旧約聖書〕(D・ボンヘッファー)とユダヤ教に属する
7 説教「これがヨハネの証しである。『見よ、神の小羊』」
8 説教「あなたたちは神の力を知らない」

【著者について】
ベルトールト・クラッパート(Bertold Klappert)
1939年、宣教師の息子としてスマトラに生まれる。ヴッパータール神学大学、ゲッティンゲン大学をへてボン大学でクレックとガイヤーの下で学位取得。1974年から2004年までヴッパータールで組織神学の教授を務めた。たびたび来日している。邦訳『和解と希望――告白教会の伝統と現在における神学』(1993年、新教出版社)。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年07月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る