ロゴセラピーのエッセンス

ロゴセラピーのエッセンス

18の基本概念

V.フランクル著/赤坂桃子訳
本体価格:1,850円

サイズ:小B6判 160ページ
ISBN:978-4-400-31080-8 C1011 発行年月:2016/10/06

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

フランクルが『夜と霧』英語版だけに付した貴重な入門論文。
ロゴセラピーを分かりやすく解説してほしいというアメリカ人読者の要望に応え、18の基本概念をコンパクトに説き明かしたもの。また論文「心理療法における精神の問題について」(1938年)を付す。
巻末の解説は、日本でロゴセラピーを実践する精神科医・本多奈美氏(東北大学)と臨床心理士・草野智洋氏(静岡福祉大学)による2本。
人間を「意味」(ロゴス)を探求する実存者と捉え、対話を通じ、自分自身で「意味」を発見する力を育もうとするロゴセラピーは、現代を生きるすべての人に汲み尽くせぬ豊かな示唆を与えるだろう。

【目次より】
ロゴセラピーの基本概念
  1 意味への意志
  2 実存的フラストレーション
  3 精神因性神経症
  4 精神の力学
  5 実存的空虚感
  6 人生の意味
  7 実存の本質
  8 愛の意味
  9 苦悩の意味
  10 メタ臨床的な問題
  11 あるロゴドラマ
  12 超意味
  13 人生のはかなさ
  14 技法としてのロゴセラピー
  15 集団的神経症
  16 汎決定論批判
  17 精神科医としての信条
  18 精神医学における人間性の復活
心理療法における精神の問題について
解 説 (本多奈美・草野智洋)

関連の既刊書:
フランクル/ラピーデ『人生の意味と神

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る