ゴッホと〈聖なるもの〉

ゴッホと〈聖なるもの〉

正田倫顕
本体価格:2,700円

サイズ:A5判 204+14+口絵38ページ
ISBN:978-4-400-82802-0  C3012 発行年月:2017/05/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

俊英の力作
見る者の魂を震わさずにはおかないゴッホの作品。その核にある宗教性の内実=作品がはらむ〈聖なるもの〉の秘密、またゴッホとキリスト教および教会との関係を、書簡と作品の徹底的な分析を通して明らかにした俊英の力作。オールカラー38頁の口絵。

推薦 月本昭男(立教大学名誉教授・上智大学教授)

ゴッホの《種まく人》には黄色い「太陽」が描き込まれている。《ラザロの復活》からはイエスの姿が消え、そこには同じ「太陽」が輝く。ゴッホの絵がもつこうした謎に挑む著者は、「太陽」をイエス・キリストに置き換えるような単純な解釈を退け、ゴッホ自身も気づいていなかったかもしれない、芸術そのものに織り込まれた深い宗教性をそこに洞察する。


【目次より】
第一章 キリスト教との関わり
 第一節 生い立ちおよび精神的軌跡
 第二節 娼婦にイエスを見る
 第三節 真のイエス理解
 第四節 宗教史的・文化史的背景
 第五節 《開かれた聖書のある静物》──分身
 第六節 教会への愛着と嫌悪
第二章 ゴッホの「イエス」
 第一節 報われぬ生涯
 第二節 ゴッホの職業 イエスの職業
 第三節 不幸な生涯の先に見ていたもの
 第四節 ゴッホにとってのイエス
 第五節 自画像といのち
 第六節 《善きサマリア人》──両極の融合
第三章 ゴッホの「太陽」
 第一節 《種まく人》の太陽──記号性からの逸脱
 第二節 《種まく人》と《刈り入れる人》──生と死
 第三節 《囲まれた麦畑と日の出》と遠近法
 第四節 《精神病院の庭》──万物の融合
 第五節 《ラザロの復活》とゴッホの実存

正田倫顕(しょうだ・ともあき)氏は1977年生まれ。東京大学教養学部卒。ルーヴァン大学に留学、ゴッホに関するフィールドワークに従事。所属学会は美術史学会、日本宗教学会、日仏美術学会、日本基督教学会。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年6月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る