キリスト者の標識

キリスト者の標識

キリスト教講話集Ⅲ 新教新書277

井上良雄
本体価格:1,700円

サイズ:新書判 304ページ
ISBN:978-4-400-51452-7 C1216 発行年月:2017/06/16

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

好評『大いなる招待』『エデンからゴルゴタまで』の続編

井上良雄氏(1907―2003)は戦前、「芥川龍之介と志賀直哉」などで注目された気鋭の文芸評論家であったが、様々な彷徨を経て敗戦の年の復活節に受洗しキリスト者となった。戦後はキリスト者平和の会で活動、また東京神学大学でドイツ語を教授しつつ、バルト「和解論」全巻の翻訳に打ち込み、また日本基督教団の社会委員長を歴任するなど、一信徒として教会に仕えた。
没後に書斎で14冊の説教ノートが発見され、夫人からそれを託された戒能信生牧師が43編の説教を復元・校訂し、新書判4冊で刊行する。
本第3巻には1940年代から60年代までの12編を収録。
戦後の激動期を至純な信仰をもって生きた魂の、真実な言葉がここにある。

【目次より】
教会と文化
  Iコリント書一・一八―三一
死について
  ヘブル書二・一四 ―一八
バルトの人間論の構造
バルトにおける国家の問題
市民に訴える
バルトと私
キリスト者の標識
  ロマ書八・一二以下
原水爆とキリスト教
受洗者祝辞
私はなぜキリスト教を信ずるか
バルト『和解論?』を訳し終えて
世との連帯性
  特に政治における

著者井上良雄氏

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る