ジョン・マクマレー研究

ジョン・マクマレー研究

キリスト教と政治・社会・宗教

宮平望著
本体価格:2,400円

サイズ:A5判 233ページ
ISBN:978-4-400-32766-0 C1016 発行年月:2017/08/21

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

日本人の手になる初の本格研究
ジョン・マクマレー(John Macmurray, 1891-1976)はスコットランド出身のキリスト教哲学者。第一次大戦での従軍体験の後、共産主義の問題と取り組み、「関係としての人間存在」に着目した深い人間論に基づく独自の共同体思想を形成した。また後年はキリスト友会に属し、平和主義者としても影響力をもった。
トニー・ブレア前イギリス首相に影響を与えた思想家としても注目されている。

【目次より】
序 章 ジョン・マクマレー研究
第一章 ジョン・マクマレーの生涯と思想
第二章 共産主義と民主主義
第三章 社会と共同体
第四章 宗教と信仰共同体
結 章 ジョン・マクマレーへの批判的評価

著者:宮 平 望(みやひら・のぞむ)は1966年生まれ。同志社大学、ハーバード大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学などで学ぶ。現在、西南学院大学国際文化学部教授、神学博士。 著書には、『神の和の神学へ向けて』、『責任を取り、意味を与える神』、『苦難を担い、救いへ導く神』、『戦争を鎮め、平和を築く神』、『現代アメリカ神学思想』、『神の和の神学入門』、新約注解「私訳と解説」シリーズ全12冊、『ゴスペルエッセンス』、『ゴスペルフォーラム』などがある。詳しくは、宮平望のホームルームを参照。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る