新教コイノーニア35『戦後70年の神学と教会』

新教コイノーニア35『戦後70年の神学と教会』

(編)新教出版社編集部
本体価格:1,500円

サイズ:A5判 160ページ
ISBN:978-4-400-30718-1 C1316 発行年月:2017/10/12

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

戦後70年にあたる2015年の『福音と世界』特集記事を、「神学」と「教会」のふたつの視角から精選し集成。
第1章「神学」では、聖書学や組織・実践・歴史神学の70年来の成果と課題を示すのみならず、教育、フェミニスト神学、沖縄の神学や移住民の神学の豊かな広がりを提示。第2章「教会」では、諸教派の戦責告白を踏まえつつ、教会が果たしてきた働きと残された課題を振り返る。新たな戦火が眼前に迫るいま、戦後とは何だったのかを信仰と社会の切り結びにおいて問いなおす全17論考!


******************************************

【各章執筆者一覧】

1. 神学
八木誠一......戦後の新約聖書学がやり残したこと
山我哲雄......戦後日本の旧約聖書学の歩み
出村彰......キリスト教史学の展開と課題
     ――戦後の歴史神学をたどりつつ
芦名定道......戦後・組織神学の歩みと課題 
中道基夫......戦後日本の実践神学の展開
      ――「牧会百話」から「教会と世界の関係を問う」学へ
深田未来生......戦後日本の神学教育
       ――焼け野原から現在まで
吉谷かおる......権利と権威を求めて
       ――戦後日本の女性神学の歩みと課題
宮城幹夫......米国統治下における沖縄の社会正義神学
関田寛雄......寄留の牧者・神学者 李仁夏牧師
      ――移住民の神学の素材として

2. 教会
佐藤司郎......「戦後七十年」と教会
      ――バルト=ボンヘッファーの線に立って
山口陽一......戦後70年と福音派諸教会の戦責告白
秋山徹......罪責を告白する教会となるために
     ――関東教区「日本基督教団罪責告白」成立経緯
村椿嘉信......「沖縄戦」後七〇年と沖縄の教会
大久保正禎......戦後・日本基督教団と沖縄の関係
大下幸恵......戦後70年の歴史に学ぶ
      ――共生と平和を祈って
荒井眞理......キリスト者として社会問題に発言する
      ――地方自治体から日本社会の正義の実現へ
古谷正仁......"Being Church"への視点から見た「生き生きとした」教会


PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2017年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る