ギレアド

ギレアド

マリリン・ロビンソン著/宇野元訳
本体価格:3,000円

サイズ:四六判 350ページ
ISBN:978-4-400-64001-1 C1097 発行年月:2017/10/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

2005年ピューリツァー賞・
全米批評家賞受賞小説

アイオワ州のギレアドという片田舎の町。
カルヴァンとバルトを愛読する老牧師が自らの死期を意識し、若い妻との間にもうけた幼い息子に手紙を綴る。南北戦争から冷戦期にいたる三代にわたる牧師一家の信仰の継承と屈折。帰郷した知己の青年と妻との関係。自らの揺れる心。隣人たちの人生――。

「私はこの本の虜になった」バラク・オバマ

著者 マリリン・ロビンソン(Marylinne Robinson)
1943年アイダホ州生まれ。ブラウン大学で学んだ後ワシントン大学で博士号取得(英文学)。これまで4冊の長編を発表、いずれも高い評価を受けた。うち3冊は「ギレアド三部作」と呼ばれる。またイギリスの原発問題を扱ったルポ、また近代思想に関するエッセイ集などがある。長老派の教会で育ったが、のち会衆派に転じ、信徒として説教もする。

Marilynne_Robinson.jpgのサムネール画像

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る