聖書翻訳者ブーバー

聖書翻訳者ブーバー

堀川敏寛著
本体価格:4,100円

サイズ:A5判 328ページ
ISBN:978-4-400-11069-9 C1016 発行年月:2018年2月

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

「汝」と出会うための聖書
ブーバーはなぜ聖書翻訳を志したのか。その翻訳の特質をなす預言者的解釈とは何か。それは彼の対話的哲学とどのように関係するのか――。従来ほとんど考究されてこなかった「聖書翻訳者としてのブーバー」を明らかにし、その思想世界に挑んだ労作。

【著者について】
ほりかわ・としひろ氏は1979年生まれ。関西学院大学総合政策学部卒業。京都大学大学院博士課程指導認定退学(キリスト教学)。イスラエルのバル・イラン大学留学。2013年よりハイデルベルク大学客員研究員。また京都外国語大学、関西学院大学神学部等で非常勤講師を務める。

【目次より】
 序 論 ブーバー研究の現状と方法論
第1章 ブーバー研究の動向
第2章 ブーバー自身の研究スタイル
第3章 ブーバー研究の動向に対する筆者の見解
第4章 本研究の視点・方法・独自性
 第1編 我―汝から聖書へ
第1章 基礎的存在論:関係内存在
第2章 汝の始原性と神の蝕?
第3章 宗教性の再評価
第4章 倫理と宗教性
第1編の結び:ブーバーと宗教性
 第2編 聖書から我―汝へ
第1章 ブーバー聖書翻訳の評価
第2章 聖書言語論
第3章 聖書翻訳の方法論
第4章 ブーバー方法論の聖書学的位置づけ
第5章 神名の翻訳における我 ― 汝
第6章 ヤコブ物語の対面における我 ― 汝
第7章 アブラハム物語における預言者の特徴
第8章 預言者イザヤから第2イザヤへ
第9章 預言者の問題と翻訳の意義
結 論 汝としての聖書

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る