聖書の風景

聖書の風景

小磯良平の聖書挿絵

岩井健作著
本体価格:2,500円

サイズ:A5変型判 165頁・カラー口絵32頁ページ
ISBN:978-4-400-82803-7 C1071 発行年月:2018/03/23

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

画家は何を、聖書から読み取り、形にしたのか――

日本を代表する洋画家小磯良平(1903-1988)が、日本聖書協会から委嘱され口語訳聖書のために書き下ろした32枚の聖書挿絵。生前の小磯と親しく接していた著者が、画家の人生行路と重ねつつ、1枚1枚の挿絵を読み解く。聖書から挿絵へ、挿絵から聖書へ。その往復運動から生まれる信仰表現のドラマ。


【著者について】
岩井健作(いわい・けんさく)氏は元神戸教会牧師。神戸教会時代に、信徒だった小磯の画業と人となりを近くからつぶさに見た。その経験が本書に生かされている。他著書に『洗礼を受けるまで』『洗礼を受けてから』(日本基督教団出版部)、『聖書を歴史的に読む』(SCM研究会)、地の基震い動く時』(コイノニア社)、『兵士である前に人間であれー反基地・戦争責任・教会』(ラキネット出版)、共著に『近代日本と神戸教会』(創元社)

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2018年6月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る