詩篇の思想と信仰 VI

詩篇の思想と信仰 VI

第126篇から第150篇まで

月本昭男著
本体価格:3,400円

サイズ:四六判 328ページ
ISBN:978-4-400-12748-2 C1016

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

【12月20日発行予定】

詩篇を深く理解し味わうための必読書
厳密な私訳、詳細な語釈、各詩篇の構造と成り立ちの分析、そして思想と信仰について、行き届いた解説を施す。
古代オリエント学に通暁する著者にして初めて可能となった周辺世界への広い目配りにより、ヤハウェ信仰の詩文学の本質に迫る。

*残る第V巻(第101篇から第125篇まで)は2019年刊行予定。


つきもと・あきお氏は、1948年長野県生まれ。新島学園、東京大学、テュービンゲン大学などで学ぶ。立教大学文学部キリスト教学科教授を経て、現在は上智大学神学部教授、古代オリエント博物館館長。無教会経堂聖書会所属。著書に、『ギルガメシュ叙事詩』(岩波書店)、『目で見る聖書の時代』『創世記(?)』(岩波書店)ほか。聖書翻訳に『創世記』『エゼキエル書』(岩波書店)ほか。編著に『創世神話の研究』(リトン)ほか。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年01月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

ページトップへ戻る