ヒップホップ・レザレクション

ヒップホップ・レザレクション

ラップ・ミュージックとキリスト教

山下壮起
本体価格:3,200円

サイズ:A5判変型 264ページ
ISBN:978-4-400-31090-7 C1073 発行年月:2019年7月

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

【7月25日刊行予定】

"神を求める心の叫びはいつしか韻詩(ライム)となった"  
――檀廬影 a.k.a. DyyPRIDE(作家・ラッパー)推薦!


反社会的な音楽文化としてしばしば非難の対象となってきたヒップホップは、なぜ繰り返し神や十字架について歌うのか――黒人神学の泰斗ジェイムズ・コーンの議論を継承し、アフリカ系アメリカ人の宗教史の文脈のなかでラッパーたちの声に耳を傾けながら、その秘めたる宗教性を浮かびあがらせる。ヒップホップの現場を知りつくした気鋭の神学者による、異色の歴史神学にしてヒップホップ研究の新たなクラシック。
著者の山下壮起氏は日本基督教団阿倍野教会牧師。同書のもととなった博士論文「ヒップホップの宗教的機能――アフリカ系アメリカ人ヒップホップ世代の宗教観」は、公益財団法人国際宗教研究所の2018年度国際宗教研究所賞奨励賞を受賞した。

【おもな目次】
序章
第1章
Hip Hop Generation ヒップホップ・ジェネレーション
 ――ヒップホップの宗教性を生み出したもの
第2章
The Roots ザ・ルーツ
 ――アフリカ系アメリカ人の歴史と宗教
コラム1
新しい霊性 ネオ・スピリチュアリティ
 ――アフリカ系アメリカ人と宗教の多様性
第3章
Nothin' But The Spiritual Thang ナッシン・バット・ザ・スピリチュアル・サング
 ――世俗音楽の宗教性と宗教音楽の限界
コラム2
ヒップホップ
 ――ローカルが示す生から聖へ
第4章
Holy State of Mind ホーリー・ステイト・オブ・マインド
 ――聖俗二元論を超えて
結論
Bonus Track
ヒップホップという言語



PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年10月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る