誰にも言わないと言ったけれど

誰にも言わないと言ったけれど

黒人神学と私

ジェイムズ・H・コーン
本体価格:3,000円

サイズ:四六判 280ページ
ISBN:978-4-400-32357-0 C1016 発行年月:2020年3月

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

「黒人の炎」を受け継ぐために──
黒人神学の泰斗、その人生のすべて

黒人が主体となり、人種差別からの政治的・社会的・霊的解放をめざす「黒人解放の神学」。その生みの親として、現代神学史に後退不可能な一歩を刻み込んだ神学者ジェイムズ・H・コーン(1936−2018)の最期の著作がついに邦訳刊行。
過酷な人種差別の経験、黒人神学者としての使命と苦難、キング牧師やマルコムX、ジェイムズ・ボールドウィンら先人への思いまで、その人生のすべてが明かされる。
気鋭の黒人神学者コーネル・ウェストによる序文付き。

【主な目次】
コーネル・ウェストによる序文
はじめに
1 抑えられぬもの──仮面を脱ぎ捨てて
2 主のなされたこと──黒人神学とブラック・パワー
3 あなたもあそこにいたなら──黒人解放の神学
4 主が私の名を呼んだとき──批判者から学ぶ
5 主が私の魂を救ったとき──生徒から学ぶ
6 足が動き出し、物語が始まる──十字架とリンチの木
7 歌が始まり、声が響き渡る──ボールドウィンから学ぶ
おわりに
謝辞
訳者あとがき

【著者について】
ジェイムズ・H・コーン(James H. Cone)
1938年、米・アーカンソー州生まれ。アフリカン・メソジスト監督教会牧師。黒人解放の神学の提唱者としてユニオン神学校教授を務め、2018年にはアメリカ芸術科学アカデミーのフェローに選出された。邦訳書に『イエスと黒人革命』『解放の神学』『黒人霊歌とブルース』(新教出版社)、『十字架とリンチの木』(日本キリスト教団出版局』などがある。2018年4月28日、逝去。

【訳者について】
榎本空(えのもと・そら)
1988年、滋賀県に生まれ、沖縄県伊江島で育つ。同志社大学神学部修士課程終了。台湾・長栄大学留学中、神学者C.S.ソンに師事。米・ユニオン神学校S.T.M.卒業。2018年よりノースカロライナ大学チャペルヒル校人類学専攻博士後期課程に在籍。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2020年4月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る