主イエスの言葉と働き

主イエスの言葉と働き

ルカ福音書1章から10章による講解説教

ヴァルター・リュティ著/野崎卓道訳
本体価格:2,300円

サイズ:四六判 405ページ
ISBN:978-4-400-52108-2 C1016 発行年月:2020/07/22

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

傑出した説教者が戦後の混迷期に力強く語った61編の講解説教

著者 ヴァルター・リュティ(Walter Lüthi)
1901年スイスのギュンスベルクで生まれる。六人兄弟の五番目。幼くして父を亡くし、貧窮の中を母に育てられる。ベルン、チューリヒ、チュービンゲン、ローマなどで学ぶ。ヴィネルツとバーゼルの教会を経て、ベルンのミュンスターで23年間牧会。トゥルンアイゼンと共に雑誌『バーゼル説教集』の編集に関わる。名説教者として知られ、多くの説教集を出版した。1982年逝去。

訳者 野崎卓道(のざき・たかみち)
1973年生まれ。東京神学大学博士課程前期課程修了、同後期課程単位取得退学。日本基督教団阿佐ヶ谷教会伝道師を経て、2001-2003年ミュンヘン大学で学ぶ。現在日本基督教団白銀教会牧師。訳書『霊の現臨』(エーバハルト・ユンゲル説教集2、共訳)『プロテスタンティズム』(F. W. グラーフ著。いずれも教文館)。『祝福される人々』『十戒『主の祈り』(リュティ)

【目次より】
キリストのご降誕と幼少時代
 1 御言葉の奉仕者
 2 先駆者の受胎告知
 3 処女マリアより生まれ
 4 マリアとエリサベト
 5 道を備える者の到来
 6 キリストのご降誕
 7 天使の知らせ
 8 羊飼いたちの証
 9 神の民へのイエスの受け入れ
 10 十二歳
荒れ野での始まり
 11 御言葉がヨハネに臨んだ時
 12 荒れ野で叫ぶ者
 13 イエスが洗礼を受けられる
 14 およそ三十歳
 15 哀れな悪魔
 16 慈善家になる誘惑
 17 権力者になる誘惑
 18 聖人になる誘惑
カファルナウムでの最初の活動
 19 ナザレで拒絶される
 20 カファルナウムの悪霊に取りつかれた男
 21 シモンの家で
 22 カファルナウムでの夜
 23 ペトロの漁獲
 24 重い皮膚病にかかった人
 25 中風の人
 26 徴税人レビ
 27 断食に関する問い
 28 服とぶどう酒に関する話
反論と論争
 29 安息日の主
 30 人間の萎えた手
 31 十二使徒
 32 幸い章句と災いを告げる叫び
 33 敵を愛する愛
 34 裁く心に逆らって
 35 盲人を導く盲目の案内人
 36 二種類の果樹について
 37 正しい家屋建築について
 38 カファルナウムの百人隊長
ガリラヤ全土におけるしるしと奇跡
 39 ナインの青年
 40 洗礼者の問い
 41 ファリサイ派の人シモンの家での宴会
 42 婦人の信奉者たち
 43 種を蒔く人のたとえ
 44 升の下のともし火について
 45 イエスの家族
 46 湖上の突風の鎮静化
 47 悪霊に取りつかれたガダラ人の男の癒し
 48 ヤイロの娘
 49 荒れ野での給食
カファルナウムからエルサレムの門の前まで
 50 ペトロの信仰告白
 51 山上の変容
 52 癲癇の少年の癒し
 53 弟子たちの間での順位争い
 54 見知らぬ悪魔祓い師
 55 天からの火?
 56 三人の従う者たち
 57 七十人の派遣
 58 七十人の帰還
 59 災いを告げる叫びと喜びの叫び
 60 善きサマリア人のたとえ
 61 キュリオス

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2020年8月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る