平静の祈り

平静の祈り

ラインホールド・ニーバーと その時代

エリザベス・シフトン著/穐田信子訳/安酸敏眞解説
本体価格:4,500円

サイズ:A5判 360ページ
ISBN:978-4-400-21328-4 発行年月:2020/09/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

神よ、変えられないことを平静に受け入れる恵みを、
変えるべきことを変える勇気を、そして一方から他方を
見分ける知恵をわれらにお与えください。

このあまりにも有名な「平静の祈り」は1943年、第二次世界大戦下に生まれた。
作者ニーバーを取り巻く神学状況、ボンヘッファーらとの交流、ニーバー自身の人生行路を、愛娘が綴った異色の神学ドキュメント。
2万字におよぶ日本語版独自の解説も読み応えがある。

著者のElizabeth Sifton氏は、1939年ニューヨークで生まれた。多くの出版社で編集者として活躍し、ソール・ベロー、アイザイア・バーリン、ドン・デリーロ、マイケル・イグナティエフ、カルロス・フエンテスら著名な作家たちを手がけた。2019年没。

訳者のあきた・のぶこ氏は1956年愛知県生まれ。京都大学文学部(キリスト教学専攻)卒業後、英語教師を経て、現在は翻訳・会議通訳に携わるフリーランサー。訳書にロドニー・スターク『キリスト教とローマ帝国』(新教出版社2015年)ほか。

解説のやすかた・としまさ氏は1952年鳥取県生まれ。京都大学文学部、同大学院、ヴァンダービルト大学で学ぶ。Ph.D.(ヴァンダービルト大学)、文学博士(京都大学)。専門はキリスト教思想史。現在北海学園大学学長。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2020年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る