ケノーシス

ケノーシス

大量消費時代と気候変動危機における祝福された生き方

サリー・マクフェイグ[著]/山下章子[訳]
本体価格:4,000円(10%税込定価:4,400円)

サイズ:A5判 398ページ
ISBN:978-4-400-40752-2 C1016 発行年月:2020/11/24

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

自己を空しくするという生き方
エコフェミニスト神学を力強く牽引してきた著者の、生前最後の書となった渾身のメッセージ。
ジョン・ウルマン、シモーヌ・ヴェイユ、ドロシー・デイら、社会の外的変革と霊性の内的深化とを結びつけた先達の生き方に学び、危機の時代の新たな倫理と死生観を探る。
いま私たちに必要な神学がここから始まる。

【目次より】
序文――宗教、エコロジー、経済学
第1章 「自分の話はもうたくさん」――アウグスティヌスの『告白』とフェイスブックとの関係
第2章 「私たちはどこにいるのか」――地球で良い生き方をすること
第3章 聖人たちの生涯――ジョン・ウルマン、シモーヌ・ヴェイユ、ドロシー・デイ
第4章 聖人たちの実践 1――他者の物質的必要に留意するための自発的貧困
第5章 聖人たちの実践 2――地域レベル・地球レベルにおける普遍的な自己の成長
第6章 「あなたの話ではなく」――ケノーシスという生き方
第7章 ケノーシスの神学
第8章 この後どうすればよいのだろうか――個人として、職業人として、公共意識を持つ市民として、ケノーシスの生活を送る

【著者について】
サリー・マクフェイグ(Sallie McFague)
1933年生まれ。イェール大学で学位取得。カール・バルト、リチャード・ニーバー、ゴードン・カウフマンらの影響を受ける。ヴァンダービルト大学、バンクーバー神学大学で教鞭をとった。宗教言語の隠喩的本質の研究から出発し、フェミニスト神学やエコロジーの神学に大きな貢献を果たした。2019年逝去。

【訳者について】
山下章子(やました・しょうこ)
東京生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業。カリフォルニア大学サンタバーバラ校に留学、現地にてキリスト教の洗礼を受けた。英会話学校講師、翻訳者。主な訳書は『神に失望したとき』『私の知らなかったイエス』(フィリップ・ヤンシー著、いのちのことば社)など。

PAGE TOP

福音と世界

『福音と世界』2021年4月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る