100年前のパンデミック

100年前のパンデミック

日本のキリスト教はスペイン風邪とどう向き合ったか 新教コイノーニア36

富坂キリスト教センター編 
本体価格:1,500円(10%税込定価:1,650円)

サイズ:A5判 191ページ
ISBN:978-4-400-21330-7 C1316 発行年月:2021/06/10

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

歴史の欠落を埋める貴重な共同研究!

スペイン風邪は、当時の日本人の4割以上が感染し、45万人が死亡した大惨事だった。しかし、キリスト教史にほとんど言及されることがなく、キリスト教が当時どのような対応をとっていたのか不明だった。本書は、
・各教派や学校の機関紙誌、また教界の指導的人物の日記を徹底的に読み込み、当時のキリスト者が、スペイン風邪についてどのように考えていたのか、また教会としてどのような取り組みをしていたのかを探る。
・巻末に当時の資料からの詳細な抜粋一覧を付す。
・感染症対策の専門家で、東京都看護協会 危機管理室アドバイザーを務める堀成美氏の5 編のコラムを付す。

【目次より】 
神田健次 まえがき
戒能信生 スペイン風邪と日本の教会
  ――各教派の機関紙などに見るスペイン風邪の記録から
三好千春 スペイン風邪と日本カトリック教会
  ――カトリック系逐次刊行物史料を中心に
李 元重 スペイン風邪と日本組合基督教会
辻 直人 キリスト教学校とスペイン風邪
熊田凡子 日本のキリスト教幼児教育の実態と影響
  ――JKU年報の記録を中心に
上中 栄 スペイン風邪と再臨運動
戒能信生 キリスト者の日記に見るスペイン風邪

各教派の機関紙等に見るスペイン風邪の記録

堀 成美=コラム
 1 病む者への眼差し
 2 グローバルな人口移動と疫病
 3 「主がお入用」――回復後も現地に戻る人たち
 4 可謬性の自覚
 5 感染症の記憶

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2021年10月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る