福音と世界 2012年6月号

福音と世界 2012年6月号:表紙

福音と世界 2012年6月号

本体価格:600

サイズ:A5判 80ページ
月刊誌:1952年4月創刊
年間予約(送料共):8,460円

内容紹介

 最晩年の短文、インタビュー、そして何より絶筆となった講演草稿などを収め、亡くなった翌年に出版された『最後の証し』は、険しく長い道をくぐり抜けてきた神学者バルトの明るい澄んだ信仰の世界を示して感銘深い。
 その中で、それまでの彼の歩みを考えたとき、とくにわれわれの関心を引くことの一つは、随所に見られるエキュメニズムへの言及であり、晩年のバルトの中で大きな存在となっていたカトリック教会とそれとの交流のことである。「彼の最後の諸発言の中でエキュメニカルな対話への参与がそのような広い場所を占めていることは、偶然ではない」(E・ブッシュ) 。じっさいそこには『カトリックおよびプロテスタントのラジオ説教を聞いて』というスピーチがあり、中断された最後の草稿『新しい出発・立ち帰り・告白』はカトリックのファイナー教授に依頼され、一九六九年一月の新旧両教派合同のフォーラムで語られるはずのものであった。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年9月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る