福音と世界 2012年10月号

福音と世界 2012年10月号:表紙

福音と世界 2012年10月号

本体価格:600

サイズ:A5判 80ページ
月刊誌:1952年4月創刊
年間予約(送料共):8,460円

内容紹介

4 沖縄から声を上げる取り組み
(1)沖縄の声をアメリカに届ける動き
1993年、エド・フランシス、キャロリン・フランシス両宣教師の帰国報告の機会を利用して、牧師、信徒、反戦地主、県議会議員、平和運動・労働組合の代表たち、高校生たちで構成する12名がアメリカを訪ねた。2週間の日程でアメリカ議会、教会、市民団体等へ直接沖縄の声を伝えた経験は、その後の沖縄状況の中で主体的に道を開いていく行動にもつながっている。その一人、後に宜野湾市長になった伊波氏は、キャロリン氏と共同で、"voice of Okinawa 沖縄の声"を数年間発行したり、行政の長として米国議会、米政府への直接要請を重ねてきた。一方、合同メソジスト教会では、教会教育カリキュラムの「平和」についてのところで、沖縄における米軍基地の状況を紹介したりした。


PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2020年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る