福音と世界 2012年7月号

福音と世界 2012年7月号:表紙

福音と世界 2012年7月号

本体価格:600

サイズ:A5判 80ページ
月刊誌:1952年4月創刊
年間予約(送料共):8,460円

内容紹介

導入
はじめて「社会科学的批評」という言葉を目にする読者もいらっしゃることでしょう。ここで「社会科学」という場合、それはおもに社会学、人類学、心理学、政治学、経済学を指します。そして「社会科学的批評」という場合、それはこれらの学問分野における理論やモデルを聖書釈義に援用する試みを指します。他の批評学と異なり、一つの体系化した方法論があるというのではなく、むしろ既存の社会科学的理論を選択的に聖書解釈に役立てるわけです。たとえばF・ワトソンはマックス・ウェーバーの「体制化理論」を初代教会体制化傾向の枠組みとして用い、C・シュトレカーはヴィクター・ターナーの「境界性理論」をパウロの逆説的神学理解に適用し、わたしは拙著においてアルノール・ヴァン・ジェネップの「通過儀礼理論」をパウロの洗礼定型句を理解する助けとし、またフレデリク・バルトの「アイデンティティ理論」を用いてガラテヤ共同体のアイデンティティ形成を考察しています。そして社会科学的批評はある種の文芸批評とは異なり、その根底において歴史的批評と深くつながっているのです。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年7月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る