福音と世界 2012年8月号

福音と世界 2012年8月号:表紙

福音と世界 2012年8月号

本体価格:600

サイズ:A5判 80ページ
月刊誌:1952年4月創刊
年間予約(送料共):8,460円

内容紹介

 米軍は昭和20年3月26日に慶良間の座間味、慶留間に上陸しました。両島ではその日に慰霊碑の前で「集団自決」が起こりました。渡嘉敷には27日に上陸しましたが、その晩我々は島の北部に移動させられました。その日は豪雨でしたが、びしょびしょに濡れているという感覚はまったくなかったです。恐怖心に支配されていたのです。なんとか夜明け頃に日本軍の北山(にしやま)陣地の近くに着いて、軍命で村長のもとに一箇所に集結させられた。重要な点は、移動の当初から「集団自決」命令が下されるまで、住民が他の場所へ移動することがなかったことです。軍命を待つ体に釘づけにされたわけです。たまたま住民が集まっているところへ軍命があったかなかったかの議論は現実からかけ離れた空論になってしまいます。ともかく、そこへ軍は防衛隊を派遣して、村長に「軍から命令が出ました」と伝達があった。それを村長の横で聞き目撃したのが、役場の職員で、私の同級生の吉川勇助君です。でも爆音やら砲弾の音がうるさいものだから聞き取りにくかった。村長は「何だって?」と聞き返す。「いや、命令が出ました」と繰り返したということです。だから、軍命は歴史的事実であり、議論の対象ではないのです。このやりとりは、私が『「集団自決」を......』を書いたときは私自身まだ知りませんでした。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2019年11月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る