福音と世界2012年12月号

福音と世界2012年12月号:表紙

福音と世界2012年12月号

本体価格:600

サイズ:A5判 80ページ
月刊誌:1952年4月創刊
年間予約(送料共):8,460円

内容紹介

ボンヘッファーと決断
 ディートリッヒ・ボンヘッファー(一九〇六?一九四五年)とホロコーストの関わりは、シンドラーやソハの場合とは異なっている。裏側の世界からユダヤ人と接触し現実のやりとりを通じて彼らの人間性と自身の人間としての責務に目覚めていった彼らとは違い、ボンヘッファーは一九三三年一月三〇日にヒトラーが政権についたその瞬間から、政権に内在する問題を、明確な自覚を持って社会的・倫理的・神学的に捉えていた。ベルリン大学私講師となっていたボンヘッファーは、二日後の二月一日には「若い世代における指導者理念の変遷」と題するラジオ講演を行なう。明らかにヒトラーを意識して個人崇拝的集団主義を批判したこの講演は、放送途中で突如打ち切られ、結論を欠く内容への誤解を恐れたボンヘッファーが仲間に回状を送る事態となった。

PAGE TOP

福音と世界

福音と世界2020年1月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2009年
2008年

ページトップへ戻る