クィア神学の挑戦

クィア神学の挑戦

クィア、フェミニズム、キリスト教

工藤万里江著
本体価格:4,300円(10%税込定価: 4,730円)

サイズ:A5判 316ページ
ISBN:978-4-400-32493-5 C1016
発行年月:2022/01/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

地図を持たない旅へ

大きな影響力を持つ三人の女性神学者の思想を精査し、フェミニズム(神学)とクィア(神学)に共通する課題と断絶の双方を明らかにする。「クィア神学」の多様な内実、その課題と可能性を展望する。類書に乏しいクィア神学に関する本格的な研究書。

【目次より】
第一章 クィア神学の歴史と課題
  第一節 「クィア」をめぐって
  第二節 クィア神学の歴史
  第三節 クィア神学とフェミニスト神学
第二章 力としてのエロティック――カーター・ヘイワード
  第一節 思想的背景
  第二節 「力」の転換を目指して
  第三節 力としてのエロティック
  第四節 神――内在する超越
  第五節 キリスト――現在進行形のプロセス
  第六節 批判的考察
第三章 キリスト教とはクィアなもの――エリザベス・スチュアート
  第一節 思想的背景
  第二節 「ゲイ神学・レズビアン神学」への批判
  第三節 「クィア神学」の定義
  第四節 アイデンティティをめぐって
  第五節 神、キリスト、サクラメント
  第六節 批判的考察
第四章 下品な神学――マルセラ・アルトハウス=リード
  第一節 思想的背景
  第二節 「下品な神学」とは何か
  第三節 バイ/キリスト
  第四節 クィアな神
  第五節 神学――地図を持たない旅
  第六節 批判的考察
第五章 クィア神学者たちの挑戦――比較考察
  第一節 神とキリスト
  第二節 フェミニズムとクィア
  第三節 神学とその主体
  第四節 クィア神学の課題と可能性

【著者について】

工藤万里江(くどう・まりえ)
同志社大学神学部卒業、同大学大学院神学研究科博士前期課程修了(修士〔神学〕)、米国Pacific School of Religion修了(Master of Theological Studies)、立教大学大学院キリスト教学研究科博士後期課程修了(博士〔神学〕)。現在、明治学院大学キリスト教研究所客員研究員、立教大学ほか非常勤講師。訳書パトリック・S・チェン『ラディカル・ラブ――クィア神学入門』(新教出版社、2014年)。

PAGE TOP

福音と世界

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

ページトップへ戻る