福音と世界2024年7月号

福音と世界2024年7月号

本体価格:600円(10%税込定価: 660円)

サイズ:A5 80ページ
月刊誌:1952年4月創刊
年間予約(送料共):8441円(10%税込定価: 9285円)

内容紹介

特集 日本宗教史におけるキリシタンから現代へ

日本の宗教状況におけるキリシタンの意義…..狭間芳樹

朝鮮カトリック教会の形成と展開——迫害とその政治的目的…..朴銀瑛

日本宗教史におけるキリシタンの存在について問う——戦国末期から近世初期にかけてのキリスト教と仏教の関係を中心に……メナチェ・ダリオ・アンドレス

「キリシタン」が日本宗教に与えた意義と影響、そして「意味」……三輪地塩

キリシタンに学ぶ日本の宗教性——遠藤周作『沈黙』より……長谷川(間瀬)恵美

キリシタン時代から現代へ、日本宗教を展望する……芦名定道

ウクライナ戦争即時停戦論とドイツのキリスト教会1 ……川田洋一

【連載】

八木重吉の聖書——遺された〈書き入れ〉を読む12
 コリント前書に見える書き入れ〈上〉……今高義也

私は告白する、私の神を16
 「物語る」ことと「物語を生きる」こと——ハンナ・アーレント……長尾優

教会におけるマイクロアグレッション27
 第8章 牧会関係の中のマイクロアグレッション——ケアとカウンセリング
      ……コディ・J・サンダース、アンジェラ・ヤーバー(訳・解説=真下弥生)

インタビューシリーズ 女たちの闘い——声をつむぐ、織りなす2
 言葉の闘い——依田康子さん②……大嶋果織・工藤万里江・堀江有里・渡邊さゆり

証言としての旧約聖書3
 一神教の問い……田島卓

「日本的キリスト教」を読む27
  藤原藤男『日本精神と基督教』『日本基督教』……山口陽一

古代イスラエル文学史序説——聖書文学の発生と展開40(最終回)
 文学史叙述の困難について(その2)……勝村弘也

新約釈義 ルカ福音書31
 2 : 1 − 40……山﨑ランサム和彦


表紙画……八木美穂子 

  

「福音と世界」取扱店、入荷日一覧小社月刊誌「福音と世界」は、現在以下の書店で取り扱いがあります。


発行日(出版社納庫日)は毎月10日ですが、各書店への入荷日にばらつきがあります。各書店への入荷日目安も併記しました。あくまでも目安ですので、お求めの際は各書店に予めお問い合わせいただければ幸いです。


【キリスト教専門書店】
北海道キリスト教書店……13-15日
善隣館書店……12日-
エッサイの木(仙台)……12日-
清光書店……12日-
平福音センター……12日-
ブックセンターロゴス……12日-
教文館キリスト教書部……10日
待晨堂……12日-
オアシスお茶の水店……12日-
東宣社……12日-
横浜キリスト教書店……12日-
恵泉書房……12日-
静岡聖文舎……12日-
名古屋聖文舎……12日-
CLC こひつじ書店……12日-
大阪キリスト教書店……12日-
京都ヨルダン社……12日-
CLC からしだね書店……12日-
神戸キリスト教書店……12日-
カベナンター書店……12日-
広島聖文舎……12日-
CLC 広島……12日-
Le Livre 街の灯……12日-
リバーサイド・ブックス……12日-
松山キリスト教書店……12日-
高知福音書房……12日-
新生館……12日-
キリスト教書店ハレルヤ……12日-
宮崎ともしび書房……12日-
沖縄キリスト教書店……13-15日

以上の各書店の連絡先は、以下のリンクに掲載。http://www.shinkyo-pb.com/help/shop.php


【一般書店】
ジュンク堂池袋本店(4F)……10-11日
紀伊國屋新宿本店(3F)……11日-
紀伊國屋新宿南店(5F)……11日-
新宿・模索舎……11-12日
新宿・IRREGULAR RHYTHM ASYLUM……11-12日
下北沢・B&B……11-12日
鳥取・汽水空港……12日-
ジュンク堂難波店……11日-
同志社大学生協今出川店……12日-
ジュンク堂広島駅前店……12日-
ジュンク堂福岡店……12日-

【オンラインショップ】
弊社へのご注文は、以下の新教出版社のSTORESオンラインショップよりご注文いただきますようお願い申し上げます。
https://shinkyopublishingco.stores.jp/

PAGE TOP

福音と世界

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

ページトップへ戻る