新着情報

2022年06月14日

出版通信7月号ができました

小社の新刊・近刊情報を掲載した出版通信7月号ができました。PDF版はこちらからご覧になれます。

2022年05月25日

【トークイベント】「アーバンソウルズ 」とはいったい何か?  オサジェフォ・ウフル・セイクウ『アーバンソウルズ』刊行によせて

ゲットーの青年たちとともに行動し思考する気鋭の黒人神学者オサジェフォ・ウフル・セイクウの主著『アーバンソウルズ

2022年05月17日

『ヤバい神』トークイベントのご案内(参加費無料)

いま話題のトーマス・レーマー著『ヤバい神――不都合な記事による旧約聖書入門』(2022年3月刊)をめぐり、訳者の白田浩

2022年05月16日

出版通信6月号ができました

小社の新刊・近刊情報を掲載した出版通信6月号ができました。PDF版はこちらからご覧になれます。

2022年05月12日

V.E.フランクル著『夜と霧の明け渡る日に』に寄せられた声

◎強制収容所においてマタイ20:25~28、マルコ9:33~37の行為が何を意味するかを考える時、フランクルも語る「少

2022年05月12日

月本昭男著『詩編の思想と信仰Ⅰ~Ⅵ』に寄せられた声

◎弱小な民イスラエルの希望としての信仰がこの様な形を取ったことを感謝しつつ読むことができ感謝。

2022年05月12日

吉田隆訳「ハイデルベルク信仰問答」に寄せられた声

◎改めて学ぶと心が新たになりました。使徒信条の御言葉は私たちの人生のすべての領域に深い関わりを持っていて下さいます。

2022年04月15日

4月18日休業のお知らせ

小社はイースター(4月17日)の翌日を休業させていただいております。お問い合わせやご注文への当日中の応答ができず、ご不

2022年04月11日

出版通信5月号ができました

小社の新刊・近刊・重版情報が掲載された出版通信5月号ができました。 PDF版をご覧いただけます。 4902

2022年03月14日

出版通信4月号ができました

小社の新刊・近刊情報を掲載した出版通信3月号ができました。 PDF版をご覧いただけます。 なお印刷版に誤記

2022年02月18日

『アーバンソウルズ』刊行に寄せて 第一版への賛辞

2月25日、新教出版社ではオサジェフォ・ウフル・セイクウ著『アーバンソウルズ 黒人青年、宗教、ヒップホップ・カルチャー

2022年02月02日

出版通信3月号ができました

小社の新刊・近刊情報を掲載した出版通信3月号ができました。 PDF版をご覧いただけます。 出版通信3月号ダ

2022年01月06日

出版通信2月号ができました

小社の新刊・近刊情報を掲載した出版通信2月号ができました。 PDF版をご覧いただけます。 出版通信2月号ダ

2021年12月24日

正田倫顕著『ゴッホと〈聖なるもの〉』第1版第2刷発行のお知らせ

小社が2017年に刊行した正田倫顕著『ゴッホと〈聖なるもの〉』。本書は、ゴッホの作品の核にある宗教性の内実(=作品がは

2021年12月07日

出版通信1月号ができました

小社の近刊・新刊情報を掲載した出版通信1月号ができました。 出版通信1月号ダウンロード

2021年11月16日

奥田知志著『ユダよ、帰れ』に寄せられた声

◎大変面白く読ませて頂きました。まさしく今の時代に読むべき本だと思います。 ◎「人として生きること」の条件が揺る

2021年11月16日

ジャック・エリュール著『アナキズムとキリスト教』に寄せられた声

◎これはアナキズム関連の書籍をかなり読んできましたが、最も感銘を受けた一冊でした。同時にキリスト教関連書籍の中でも共感

2021年11月16日

土肥昭夫著『キリスト教会と天皇制』に寄せられた声

◎天皇制を抜きにしては日本のキリスト者生活は語れないと感じた。

2021年11月16日

K・バルト著『クリスマス』に寄せられた声

◎K・バルトのエッセイ・講演などをこうした新しい装いで読めたのは嬉しいです。 ◎バルトを読むと基本の心に戻る。そ

2021年11月16日

関田寛雄著『目はかすまず気力は失せず』に寄せられた声

◎94歳と高齢であられる著者の歩みが「主に従う」ことの証しであることを改めて知らされた。◎第Ⅰ~Ⅲ部の構成が良く、特に

福音と世界

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

ページトップへ戻る