ヤバい神

ヤバい神

不都合な記事による旧約聖書入門

トーマス・レーマー[著]/白田浩一[訳]
本体価格:2,200円(10%税込定価: 2,420円)

サイズ:四六判 250ページ
ISBN:978-4-400-11908-1 C1016
発行年月:2022/03/25

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

子どもを殺せとか、ムリでしょ!

旧約聖書には、神が横暴で残酷で好戦的だという印象を与える記述が少なくない。アブラハムに愛息イサクを捧げよと命じるなんて、たとえ試みだとしても、あんまりではないか。そんな箇所をどう解釈すべきなのか? 多くの人が疑問を抱くテキストを旧約聖書学の第一人者が取り上げ、それらの表現の意味と理由を考察し、神の真の「人柄」に迫った、目からウロコの異色の書。

【目次から】

日本語版への序文
序 論 人間に挑みかかる旧約聖書の神
第一章 神は男性か
第二章 神は残忍か
第三章 神は好戦的な暴君か
第四章 独善的な神の前に人間は罪人に過ぎないのか
第五章 神は暴力と復讐の神なのか
第六章 神は理解可能か

【著者について】

トーマス・レーマー(Thomas Römer)
1955年、ドイツ・マンハイム生まれ。1984~1993年、ジュネーヴ大学講師、准教授(ヘブライ語およびヘブライ語聖書担当)。1993~2020年、ローザンヌ大学神学・宗教学部教授。2008年よりコレージュ・ド・フランス教授、「聖書とその文脈」講座主任。現在は学長も務める。著書多数。日本語訳に『申命記史書――旧約聖書の歴史書の成立』(日本キリスト教団出版局、2008年)、『モーセの生涯』(「知の再発見」双書、創元社、2003年)、『100語でわかる旧約聖書』(文庫クセジュ、白水社、2021年)。

【訳者】

白田浩一(はくた・こういち)
1977年、茨城県下館市(現・筑西市)生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業、同大学大学院中退。現在出版社勤務。

≡≡書評掲載情報≡≡

朝日新聞「『ヤバい神』 残された矛盾 文脈から解明(評者=柄谷行人氏)」(2022.7.16)

PAGE TOP

福音と世界

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

ページトップへ戻る