教会政治の神学

教会政治の神学

改革派の教会政治原理とは【大森講座35】

吉岡契典
本体価格:1,000円(10%税込定価: 1,100円)

サイズ:四六判 101ページ
ISBN:978-4-400-31709-8 C1016

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

【11月22日発売予定】

教会政治は神学の課題である
本来〈教会政治〉を考えることなしに教会論はあり得ないはずなのに、それが神学的考察の主題と考えられることは少なかった。著者は、その理由を神学史的に探りながら、〈キリストの王権〉という教会の本質目的に仕える確たる手段として、教会政治が神学的主題とならねばならないと説く。そして、教会の状況と文脈に応じる可変的な教会政治の一例を、改革派の教会政治原理である〈長老主義教会政治〉に見出し、その歴史的由来と原理を考究する。教会政治に新たな光を当てる本書は、改革派のみならず教会論に関心をもつすべての人に推奨される。
【目次より】
第一章 教会政治とは何か――序論的考察
第二章 教会政治が神学と見なされない理由
 第一節 教会政治の神学についての研究状況
 第二節 「政治」、「規程」等の言葉の持つ世俗性
 第三節 ルター派の二王国論による教会対政治の二元論的理解
 第四節 ルードルフ・ゾームとブルンナーによる拒絶
 第五節 無教会主義
 第六節 長老主義教会政治神定論に見る護教論的傾向
第三章 教会政治が神学として取り扱われるべき理由
 第一節 教会政治の史的概観
 第二節 教会政治の神学的扱いの必要性
第四章 改革派教会の反聖職者位階制的教会政治原理
 第一節 司教制へのアンチテーゼとしての長老主義教会政治
 第二節 ヨハネス・ア・ラスコとロンドン亡命者教会
 第三節 長老派の中会中心主義についての反省
第四節 教会政治の霊性
結 論
【著者について】
吉岡契典(よしおか・けいすけ)
1976年8月18日生まれ。青山学院大学、神戸改革派神学校卒業後、日本キリスト改革派仙台カナン教会牧師就職。牧師の働きをしながら、東北学院大学院文学研究科ヨーロッパ文化史専攻博士前期課程を修了。後期課程単位取得後退学し、渡米。カルヴィン神学校(Th.M.)卒業後、2014年より日本キリスト改革派板宿教会牧師。また、神戸改革派神学校常勤講師(教会論、終末論、宣教学、宗教改革史)。

PAGE TOP

福音と世界

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

ページトップへ戻る