脱原発の必然性とエネルギー転換の可能性

脱原発の必然性とエネルギー転換の可能性

地震国日本の現実とドイツの先例から考える

日本クリスチャン・アカデミー 編、竹本修三、木村護郎クリストフ
本体価格:1,500円(10%税込定価: 1,650円)

サイズ:四六判・並製 186ページ
ISBN:978-4-400-40758-4 C1016
発行年月:2022年3月1日

書籍のご購入はこちら

この書籍は以下の各書店からもご購入いただけます。

※アマゾンや楽天で取り扱っていない場合でも、ぜひ教文館にご相談・ご注文ください。

仕入れ・在庫のご確認はお問い合わせフォームからご利用できます。

内容紹介

なぜそれは必要なのか
はたしてそれは可能なのか

地震大国日本の現実を熟知する地球物理学者・竹本修三氏と、ドイツのエネルギー政策の変遷を研究する木村護郎クリストフ氏。
両者による興味尽きないシンポジウムの記録。

【目次より】

日本の原発と地震・津波・火山
竹本修三

大陸は動く
放射性廃棄物の地層処分は安全か
世界の地震帯の中にある日本
日本の地震の可能性
予知できなかった1995年の兵庫県南部地震
予知できなかった2016年熊本地震と2018年大阪北部地震
津波の可能性
火山と原発

ドイツのエネルギー転換の思想と実践
木村護郎クリストフ

なぜドイツを取りあげるのか
疑問1 ドイツは福島原発事故後に脱原発に政策転換した?
疑問2 ドイツはフランスの原発の電力に頼れるから脱原発できる?
疑問3 再生可能エネルギーを増やすと電気料金がどんどん高くなる?
疑問4 再生可能エネルギーは不安定だから増やすと電力供給が危ない?
疑問5 ドイツは脱原発したからCO2の排出が増えている?
疑問6 脱原発は「ジャーマン・アングスト」の産物?
疑問7 ドイツの脱原発には倫理委員会などに宗教者が参加しているけど、宗教家にエネルギー政策を決めさせていいの?

日本への示唆

一人ひとりの課題として

著者プロフィール

竹本修三

京都大学名誉教授、原発ゼロをめざす城陽の会代表

木村護郎クリストフ

上智大学教授、同大学院グローバルスタディーズ研究科国際関係論専攻教員

PAGE TOP

福音と世界

毎月10日発行(小社入庫)。
教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

書籍をご注文

福音と世界 バックナンバー

ページトップへ戻る